映画「ミルク」を観てみました

お勧め商品とサービスを紹介するブログとなっています。 よろしくお願いします。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から気になっていた、映画「ミルク」を観てみました。
その作品は実際に、アメリカで起こったことの映画化となっています。

主人公は、ハーヴィー・ミルクです。
役者は、ショーン・ペンです。

その「ミルク」ですが、主人公が同性愛者。いわゆる、ゲイなんです。
自らゲイであることを公表した政治の活動家であるハーヴィー・ミルクの生涯を描いた映画となっているんです。

舞台は1970年代のアメリカです。
当時はいま以上にゲイについてはかなり差別意識がありました。
そんな状況のなかゲイたちはサンフランシスコに集まり自分たちのコミュニティを構築していくんです。
アメリカのゲイのメッカとなったサンフランシスコですが、警察などからの迫害が度重なります。
このままではミルクはだめだと感じ、政治の場に出ていくことになります。

ミルクは、数回の落選を経験しますが、ついに市政執行委員に当選します。
ゲイを公言して公職に選ばれた米国史上はじめての人間となったのです。
しかし、そのことで多くの敵を作りだします。
保守的な人からの脅迫は毎度のことで命の恐怖もありながらの政治活動だったようです。

それでも精力的に活動していくミルクですが、最後は、同僚でもあった市政執行委員ダン・ホワイトに射殺されます。

非常に悲劇的な最後を迎えた彼ですが、観終わった時に不思議と悲観していることはないんです。
ゲイのために希望を発し続けた、ミルク。
マイノリティに対して大きな勇気を与える映画ということがいえるでしょう。

映画でミルクが発した「きみを勧誘したい!」の言葉は、非常に印象的な言葉となりました。
多くの人間がゲイを公言することで、偏見や差別に打ち勝って行こうとする前向きの彼の姿はこれからも輝き続けるのではないでしょうか。

ミルク [DVD]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shouhintosabisu.blog99.fc2.com/tb.php/467-bd7348e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。